読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

お休みの日くらい愚痴ったってバチはあたらないよねの巻

今日はずいぶんとやる気のない感じで行こうかと思うね。

 

 

たまにね、ごくたまにだけどこの男なら抱かれても良いかなって人がいる。

でもその男には髭剃り跡が残っていたり、腕に刺青が入っていたりする。私はこのくらいじゃまだげんなりはしないんだけど、大抵の女の子は思うはずよね。コイツ無理だわ。って。

私がどのくらいで無理だって思うかっていうと、キスした時にこれ以上ないくらい口が臭かった時かな。いやホントに滅入るね。

目の前の素敵な料理。メインの塩釜焼きを開いた時に野ねずみが仰向けになっていてテンションが下がるくらい嫌になる。

 

少し前に私の上司だった人の口臭が酷くて、もう灰皿を口に突っ込んで雑巾の絞り汁でミキサーにかけたみたいな匂いがするわけ。もうねそんな人の話なんて聞く気にもならないけども。

口臭が臭い人とのキスほど最悪なものはないね。なんて言うのかな相手の口にわいてるウイルスがキスを通して蔓延して来るようなイメージかな。

ベッドでの行為がどれだけ上手かろうが、それだけで世界的絵画に落書きされたような気分になってしまう。

お願いだから歯は磨こう?せめてミンティアとか噛まない?口をゆすぐとかさ。なんか方法はあると思うんだよね。

もうねこれメンズの身嗜みだから。

 

いくら相手を探してるって言ったって私にだって選択権はあるはずでしょう?

 

そんな私を拾ってくれる素敵なメンズはいないものかしら。

そんなことを思いながら昨日飲んだお酒のせいで頭が痛い今日この頃。

 

さて歯を磨こうかな。

あっちなみにキスはまだしてないからね?これ私の妄想です。