読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

素敵なメンズについて考えながらホットココアで少し休憩をしてみるの巻

あなたにとって素敵なメンズって何だと思う?

いつでもATMのようにお金を用意してくれるメンズ?自分が欲しい時にだけ抱いてくれるメンズ?自分のいうことを全て聞いてくれて、望みを叶えてくれるメンズ?文句を言わず不満も漏らさず執事のように自分についてくれるメンズ?

世の中の女子たちの本音は本当はこんな感じなんだろうか。

確かに我儘を言えばそんなメンズが欲しい。だって楽なんだもん。

確かに欲を言えばそんなメンズを作りたい。だって自分が損しないもん。

だけどそれっていつか飽きないかなって思い始めた今日この頃。

 

私も若い時はそうだった。

それこそ全世界のメンズが私にひれ伏せばいいとさえ思っていたかもしれない。

 

だけど冷静に考えたらそんなメンズ楽しくもなんともない。

なんだろう?お前に意思はあるのかって言いたくなるもんね。

お互いにちゃんと向き合って話が出来て、お互いの良いところも悪いところも

まあしょうがないよねぐらいで収められる関係が一番良好なんだろうね。

 

もちろんAYUが歌っていたように二人のことは2人にしか分からないんだろうし

他人のことを詮索する前に自分の幸せを勝ち取らないとね。

 

そう考えたら今までの付き合ってきた男子は本当にダメンズだったんだなって思った。

本当に心の底から大反省だよね。

昨日はバーに行って一人で飲んで、そんなことばかりをぐるぐる考えていた。

結局のところ私を好きで、私も好きでいられる関係がいいのだろうけれど

それを本当の意味で許せて近くにいられる関係がいいのだろうなと。

ここに来て自分が何を言っているのか分からなくなってきたけど。

方向性は自分たちで決めていくべきなんだろうなって。

そのためには本当にたくさんのことを話していかないといけないんだろうなと。

 

ということは、本当に腹を割って、自分の気持ちの全てをぶちまけても構わない

そんなメンズを探すべきなんだろうなって私は気付いてしまった。

その人がどんな特性をもっていてどれだけ能力がズバ抜けているのか。

どんなにイケメンで惹かれるほどの肉体をしているとか。

そんなことは結果としていくらでも後付けできるような気もしてきたんだ。

今までの人生でここまで本気で考えたことなんてないのかも。

じゃあ仕事は本気じゃなかったのかって愚問は置いておいてね。

 

よくよく冷静に考えて私の周りにそんな人はいないわけで。さてどうしたものかと。

ホットココアを片手に頭を休めている今日この頃でした。