読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

道徳の授業で習った物語が現在進行形である件について

小学生の頃こんな話を授業で習った。

ある日、フランスのある村で

学者の先生が引っ越すことになった

村人は先生に選別を渡すことにし

それをワインにしてはと考えた

村人は一杯のワインを持ち寄ることにした

そこで町の広場にカラ樽を用意し

各々が一杯ずつ注いでいった。

しばらくもするも樽は満タンになり

先生は感謝を伝えて引っ越した。

その後、先生はもらったワインを

飲むために樽の蛇口を捻った

すると出て来たのは水だった。

先生はひどく落胆した。

というお話。

 

さて、今日は何となく仕事先で

起きていることの原因が分かった。

とにかく団結力がない。

みんな自分の事ばかり。

ありがとうも

お疲れ様も

すみませんもない。

やって当然

出来て当然

じゃあないんだということが

全く分かってない。

経営に必要なことは

人と物と金だと言われるけれど

そのうちの一つがとてもぞんざいに扱われてる

それっていいのかなぁ?

誰だって自分が一番大切さ

だけど自分の事ばかり考えてたら

仕事なんて出来ない

隣にいる人と持ちつ持たれつなんだと

そういうのって常にどこで何の仕事してても

つきものでしょう?

そう思って私は仕事してるけど

他の人はどうやら違うみたい

楽をしたけりゃすればいいんだろうけど

それだけじゃ筋が通らないでしょう?

人の話をちゃんと聞いて

それを最大限に使って

みんなで今できる事で精一杯やり尽くすのが

仕事なんじゃないの?

そのためには自分だけの力では

到底解決できないことがある

そんな問題に直面することが多々ある

そんな時にはみんなで

力を合わせるもんなんじゃないの?

私の頭んなかには疑問しか浮かばない。

これを伝えても鼻で笑われて

じゃあお前がやればいいじゃん的な

そんな扱いをされる。

本当に遣る瀬無いというかなんというか

この私のやり場のない気持ちを

どう整理すればいいのやら。

なんだか私はとても悲しくて残念に思う。

 

みなさんには分かってもらいたい

私は上司とやり合うために

今の会社に入ったわけじゃない

そんな言い争いをするくらいなら

仕事に打ち込んでる方が楽だよ

だけどどうしても言わなきゃならない時がある

そんな時にこんな仕打ちを受けてごらん?

その気持ちは見事に打ち砕かれてしまうよ

世の中ってのは不条理なもんだね。

正しいことをすればするほど苦しくなる

これが今の社会なのだとすれば

もう私一人ではどうにもならないんだろうな

今日私はそう感じたよ。

 

お願いだから話を聞こう

お願いだから腹を割って話そう

お願いだから助け合おう

お願いだから真摯な対応を心がけよう

お願いだから協力し合おう

 

先に話したフランスの物語じゃないけど

このままでは誰かを必ず悲しませてしまう。

そうならないためには気持ちを一つにしよう。

そうしたら必ず仕事を楽しめるから。