読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

対猛獣用の対処法は必要ですよ!元カレの時には即行で逃げるべし!の巻

みなさんはジャングルの中で猛獣に出会った時のどうしますか?

 

たぶんね、一番多い回答が”逃げる”だと思うの、次はおふざけで”死んだフリ”とか?でもね実際にあったらそんなこと言ってらんないから。

 

今日私があったのは今まで生きてきた中で一番の猛獣ね。その名も”元カレ”。もうねだいぶ先にいたの。でもね、もうね見た瞬間に出た言葉がもう言葉じゃなかったよね「あ‘‘--」って。もう息も声もダダ漏れのやつでね。なんかいろいろ垂れ流し状態でね。元カレは一人だったんだけど、まさか会うなんて思ってないし、それより前になんであんたこんなトコいんのよってね。いやホントにビックリ。それが昨日のことね。

 

その時はもう見たくもないし話したくもないし「じゃ」ぐらいてもうバイバイしたわけ。後ろでなんか言ってたけど「キコエマセーン」って耳塞いでとりあえず距離をとってね。カフェに逃げ込んだよね。無駄にコーヒー一気飲みして。なんなの!?もうやめてぐらいのね。

 

でね、手を見たら震えが止まらなくて、落ち着くまでそこでじっとしてた。でもそれでも居心地が悪くて、そのまますぐに友だちの家行って一通り話を聞いてもらって、ハグしてもらって、そしたら少しだけ落ち着いたから、もうすぐに家に帰ったよね。

 

お風呂入って、冷たいお茶飲んで、煙草吸って。

 

そしたらその時、電話かかってきたの。。嫌な予感するでしょ?スマホの画面見たら元カレの名前なわけ。もうなんで!?!?

 

で、もうとりあえず出たくないから電源ボタン押して通話拒否して、そしたらしばらくしてまたかかってくるの。で、もういやじゃやない?面倒臭いし。で出たわけですよ。

 

そしたら「おっ」とかって。なんだよそれ!なんかもっと気のきいたこと言えないのかよって。でもねその時に気付いちゃったんだよね。ヤバい。私テンションが上がっちゃってるって。たぶん嬉しかったのかもしれないよね。もう昔のことだけど私のことを好きだった人なわけで、もうそれなりの関係になってたし。

声聞いたら落ち着いちゃって、なんだかんだでしばらく話しちゃって。

 

もう朝起きてから一人大反省会ですよ。何してるんですかと。これねもう悟空が地球を救おうって元気球のエネルギーを溜めてる時に、オラ腹減ったからもうやめるべとかいって飯食い始めてるのと同じじゃんって。

これでねあの男の所に戻ったら、また同じことの繰り返しだしさ。

ここまでデトックスとか言って恋愛から距離をとっていたから余計にそうなってただけなのかもしれないし、というわけでもう少し頭を冷やす必要がありそう。

 

ってか元カレにもなんだか申し訳ないな。そんな気ないのにノリノリで電話しちゃって。変な気を起さなきゃいいけど。

 

というわけでちょっとした事件がありましたので皆様にご報告でした。

お休みの日くらいボーッとさせてくれと誰にも迷惑をかけてないのに懇願してみるの巻

いやマジで本当にめっちゃ寝た!!

昨日は失敗のせいもあって一日ショゲてて晩御飯と一緒に酎ハイのんだら

10時前にはベッドで爆睡してました。

それからさっき起きたばかりの私。

頭が爆発しているし、顔もぐしゃぐしゃでとりあえず風呂入ってこいよってね。そんな感じだけどさ。とりあえず、そのぐしゃぐしゃな感じがたまらなく心地よくて、今こうしてこのままブログを書いているの。

 

今日お休みでよかった。

今日は特に用事もないし。かといってこの陽気でどこにも行かないのは勿体ないでしょう?だから少しだけどこかにお出かけしようかなって。そんなことを考え中。

 

何だか寝たらスッキリしちゃったな!

私は昔からそう。ダメなことも寝たらすっかり吹き飛んでしまう。忘れているわけじゃないよ?でも心の整理がつくというか。落ちついていられるんだよね。

 

さて今日はどこに行こうかな。

洋服とか日用品とかで必要なのあるから買いに行きたいな。本も買わないとね。何処かでビールでも買ってゆっくり飲んでみようかな。チーカマとかかって。これぞおばさんの発想なのか?なんて言いながら飲んでやりたいな。ドライブもいいけど飲んだら乗れないもんね。乗ってから飲めばいいのか?まあそのあたりはボチボチ考えてかな。

 

まあひとまずは風呂入ってこいよってね。

そんなわけでお休みな私でした。

失敗を糧に。明日への戦いにそなえての巻

人間誰でも失敗はあるものだって上司は慰めてくれた。

その言葉が何より心を落ち着かせてくれた。

もう何人もの部下がいる私が大きな失態をした。

これは傍から見れば大したことはないのかもしれない。

だけれど私のとっては大きな失態だ。

なによりクライアントの信頼を裏切ってしまった。

それでもクライアントは私との交渉を望んでいる。

これはわたしのことを決して許してはいないのだろうけれど

もう一度だけチャンスをくれたということなのかもしれない。

私は闘わなければいけないのだ。誰と?自分と。

 

これは忘れてはいけないことなのだろうね。

忘れればスッキリするのだろうし、もう後には何も考えなくていいのだから。

だけれど私にとって一度のミスも許されない状況で行ってしまったことなのだから

 

だれでもミスは起こしうるものだと部下には言っていた。

それをまさか自分が言われる立場に戻されるとは思ってもみなかった。

 

浮かれていた。調子に乗っていたのだ。

もう一度仕切り直す必要がある。

私は決して負けてはいけない。

これ以後私は決してこの過ちを踏まないと誓わなければいけない。

そこなった各方面への信頼を勝ち取るためにも。

 

今日は反省も込めてここだけにその意を書いておこうと思う。

 

だから今だけは落ち込ませてください。

きっと明日からはいつもの私に戻ってみせます。

 

こんな弱気な発言をみなさんは望んではいないかもしれないけれど

ここだけだから私の弱みを出せるのかもしれません。

 

よし!やるぞ!

ゲンナリ気味の私はジャーキー味?世界中のワンちゃんが飛びつくほどの潤いをくださいの巻

鏡を見る時、いつもみんなは何を思いますか?

都市伝説で鏡の自分に毎日話しかけると精神が崩壊するなんて話がありますね。

精神医学的な側面からもそれは本当なのだとか。

信じるか信じないかは皆様次第として。

 

私は毎朝鏡を見る度に見飽きた顔がそこにあって、本当にげんなりするよ。

いやホントもう少し美人で生まれてきたらななんて思うね。

自分の顔に何一つ良いところなんてないんだもんな。

例えるならパンダかな。そんな可愛げのあるもんでもないか。

萎れたパンジーみたいな。それでもまだ救いようがあるのか。

それにしても萎れすぎてどこに水を上げたら花が咲くやら。

私の顔に花が咲くとしたら目の上くらなのかな。

タンコブになってますます自分の顔が好きになれそうにもない。

 

とにかくそんな顔にこれでもかってほどの合成調味料をまぶしまくって

地中に埋めたピータンみたいな顔で出勤するもんだから、そりゃ誰だって顔を合わせてくれないよね。そんなゲンナリな人に話したらこちらの胃も荒れるってもんですよ。

 

毎日毎日飽きもせずにテンションの凸凹を繰り返して、そろそろ躁鬱病でも発症するんじゃないかぐらいの空元気で毎日をすごしていますけども。

そろそろ潤いが欲しいもんですよ。

このままじゃマジで女が枯れちゃうからね。私の中にだって女はあるわけで

そろそろ放っておいたらミイラになっちゃうんじゃないかってね。

寝かせたカレーは美味いっていうんだからホント一回味見してみればいいさ。

ジャーキーみたいに噛むほどに味が出てくるかもしれませんよ?

 

なんて冗談はさておいて。

そろそろ本気でメンズ探しにいかなければマズイと感じている今日この頃です。

素敵なメンズについて考えながらホットココアで少し休憩をしてみるの巻

あなたにとって素敵なメンズって何だと思う?

いつでもATMのようにお金を用意してくれるメンズ?自分が欲しい時にだけ抱いてくれるメンズ?自分のいうことを全て聞いてくれて、望みを叶えてくれるメンズ?文句を言わず不満も漏らさず執事のように自分についてくれるメンズ?

世の中の女子たちの本音は本当はこんな感じなんだろうか。

確かに我儘を言えばそんなメンズが欲しい。だって楽なんだもん。

確かに欲を言えばそんなメンズを作りたい。だって自分が損しないもん。

だけどそれっていつか飽きないかなって思い始めた今日この頃。

 

私も若い時はそうだった。

それこそ全世界のメンズが私にひれ伏せばいいとさえ思っていたかもしれない。

 

だけど冷静に考えたらそんなメンズ楽しくもなんともない。

なんだろう?お前に意思はあるのかって言いたくなるもんね。

お互いにちゃんと向き合って話が出来て、お互いの良いところも悪いところも

まあしょうがないよねぐらいで収められる関係が一番良好なんだろうね。

 

もちろんAYUが歌っていたように二人のことは2人にしか分からないんだろうし

他人のことを詮索する前に自分の幸せを勝ち取らないとね。

 

そう考えたら今までの付き合ってきた男子は本当にダメンズだったんだなって思った。

本当に心の底から大反省だよね。

昨日はバーに行って一人で飲んで、そんなことばかりをぐるぐる考えていた。

結局のところ私を好きで、私も好きでいられる関係がいいのだろうけれど

それを本当の意味で許せて近くにいられる関係がいいのだろうなと。

ここに来て自分が何を言っているのか分からなくなってきたけど。

方向性は自分たちで決めていくべきなんだろうなって。

そのためには本当にたくさんのことを話していかないといけないんだろうなと。

 

ということは、本当に腹を割って、自分の気持ちの全てをぶちまけても構わない

そんなメンズを探すべきなんだろうなって私は気付いてしまった。

その人がどんな特性をもっていてどれだけ能力がズバ抜けているのか。

どんなにイケメンで惹かれるほどの肉体をしているとか。

そんなことは結果としていくらでも後付けできるような気もしてきたんだ。

今までの人生でここまで本気で考えたことなんてないのかも。

じゃあ仕事は本気じゃなかったのかって愚問は置いておいてね。

 

よくよく冷静に考えて私の周りにそんな人はいないわけで。さてどうしたものかと。

ホットココアを片手に頭を休めている今日この頃でした。

アメリカによる世界監視活動はなおも進行中であるということについて少しだけ思うことを書いてみるの巻

昨日の夜のことちょっとビックリでほうほうというくらいのニュースがあった。

headlines.yahoo.co.jp

 

アメリカが世界の監視をしているというのはあまりに有名なお話。

アメリカのNSA(アメリカ国家安全保障局)が年間数億ものスマホやパソコンでの通信や通話を傍受しているというのもあまりにも有名な話。

こんなことが始まったのは昨日今日のお話ではなくて、もう私がずいぶんも子どもだったころからの話なのだ。

 

パーソンオブインタレストのようなドラマの内容が実際に行われていて、私たちの私生活は常に丸裸無状態なのだ。

私はそんなことを知っていながらフェイスブックツイッターをしているんのだけど、それは私みたいな一個人の情報がテロ行為に発展するとは到底思われないだろうという思いがあるからで、もちろんそんなことを企てようなんて度胸もあるわけはない。

私自身根っからの平和主義者で戦争反対論者だからだ。

皆さんだってそうでしょう?

かの有名な同時多発テロまではいかなくとも秋葉原通り魔事件のようなレベルのことでさえ本当に避けて通りたいくらいなのだからね。

 

問題なのはそんな情報を集めておいて実際にテロや何かを食い止められていないことなんじゃないかな。アメリカ同時多発テロを境にそのような他国への諜報活動が活発化されたと言われているけれど、エドワード・スノーデンが話しているようなビン・ラディンが生きていてアメリカに生かされているなんて事実が本当なのだとしたら、こんな監視を行っていること自体なんでなの?ってことになるってこと。

 

もちろんアメリカは大国として全世界への権力をまだまだ行使していきたいからなのだろうけれど、これからの世界経済が中国へと移行されることはもう目の前なわけで、そんなことに時間を割いている暇があるのかなって思うよね。

 

迷走をしているのは人だけではなくて国家や世界も同じなんだろうね。

 

つまるところ世界が平和であることが第一条件なのだけど、このことでまた火種が大きくなってしまわないことを祈るばかりだね。

そろそろ恋の始まりがあってもいいんじゃない?と軽い決意を固めてみる件について。

春一番が吹いて少しずつ毎日が暖かくなってきたね。

何だろうこうも暖かさが増していくと気が早いけど夏を感じて身体が疼いてくる。

春は恋の季節だからね。なんて言われるのはそういうことなのかな。

私の中から恋という一文字をデトックスしてもうどれくらいになるだろう。

毎日鏡を見て私ってきれいってナルシス走っている人が格好悪いからそろそろやめよってなって、それでもショーウィンドウに映る自分が見たくて仕方なくなる衝動に駆られる感覚が少しずつ私の中に芽生えてきてる。

 

少し恋から離れたら少しだけだけど自分を見直すことが出来て少し前よりも大人になったかなって。

この歳で何言っちゃってんの?くらいのだけど。

でも前よりも少しだけ冷静に男の人を見られるようになった。

前はどう言ったらいいのかな。目の前の人を振り向かせることで精一杯だった。そのことだけに一生懸命になっていたんだよね。

だけど今は違う。見て欲しいな。もっと私を見て欲しいって思えるようになったんだ。

そうしたら、前のように誰かに上目遣いをすることもなくなって、挑戦的に誰かを招くこともなくなった。

そうしなくても私を見てくれている人はいるんだろうって思うようになった。

 

とはいいうものの現在進行形でビバ独身街道まっしぐらな訳で。

これはねこれで楽しいんだけどね。やりたいことを好きにやれるし。

だけどこの瞬間を一人で迎えてるんだって思ったら、ふと我に返る時があってね。

私何やってんだろうって思うわけよ。ここに誰かいたらそんな風に思うこともないんだろうなって。

だから私はそろそろ動きだします。

と軽い決意表明をかましてみます。

言葉に出してみると不思議とやる気も出てきて。

少しずつだけど前に進める気がするからね。

 

昨日の拳の痛みはまだ残ってる。

私はそうならんとこって思う今日この頃でした。