妄想男子

日々思うことを気ままに。

恋愛を自問自答してる間は恋人が出来ない件について

恋に恋をする女子が本当に多い。

恋に踊らされている女子もまた然り。

本当の相手に出会えずに自問自答をする毎日。

私もそんな女子の一人。

 

メイクを変えてみたり

洋服を変えてみたり

歩く道を変えてみたり

聴く音楽を変えてみたり

そうこうしている間に

"あれ?私ってこんなんだったっけ?"

と自分を見失って、少し自暴自棄になる。

気付けばまた素の自分に戻っている。

 

いつか自分に白馬の王子さまがやって来ると信じる乙女は少なくない。

でもだいたいの女子はその王子さまが通り過ぎたことに気付いていない。

体感で言えばランボルギーニ並みの速度なのだろうけれど

決してそんなことはなくて

たぶん前を歩くカップルくらいのんびり通り過ぎているのだろうね。

 

私に恋愛適齢期があったのだとすればそれはいつぐらいのことだったのかなって思うことがあるの。

思い返せばあの人がきっとそうだったのかもって思うこともあったりして。

でも後ろを向いてばかりじゃいけないよ?って意見もある。

それは確かにその通り

誰だって現在進行形の自分を好きになってくれる人を探している。

それは隣の人?向かいの人?

そんなことを思いながら電車に揺られて仕事に向かう毎日。

トンネルに入って、窓に映る自分を見た時に

お前を愛してくれる人はどんな人なんだ?って問うてみる今日この頃。

 

でねふと冷静になる時があって

そんな時思うことが強ち間違いではないんじゃないかって思うのね。

それは私は恵まれすぎているのかもしれないってこと。

好きなものを買えて

好きなものを食べられて

好きな時間に休むことが出来る環境で

周りを見渡せば半数が男って環境にいるわけね。

もう麻痺してしまっているのかもしれない。

どんなに高級なお肉だって毎日食べたらいずれは飽きてしまう。

私は本当は自分で選べる環境にあるのに

その環境に甘んじてしまっているのかも

 

そう思うと少しだけ冷静になれて

私の身の丈にあった人を探そうって気持ちになるんだよね。

 

あなたはどう?

私はこんな感じで自問自答してばかり。

 

あなただったらどう考えるかな。

それでは今日はこの辺で。

YouTubeの都市伝説?的な話って何か不思議。

お久方振りです。

 

巷は、あるYouTubeの投稿管理者の話で盛り上がっているね。皆さんは知っていますか?

とある女性が登場するそのチャンネルは毎回ちゃんとした内容をアップしていて、最近になって投稿が一時停止していたみたい。

1ヶ月後今までとは趣向の違う動画をアップして、その動画がまるで都市伝説のような内容になっているってそんな話。本当かしら。

 

どうやら人は都市伝説的な話にとりわけ興味を持つ傾向があるみたい。

 

それはきっとあなたの知的好奇心に触れるからなのでしょうね。それを知ろうとするとか知らずにいるからどうだとかそういうことについて私が意見する権限はないわけだから話さないけれど、冷静に考えてみたらそれって他の事にも言える事なんじゃないかなって。

 

それはわたしが人の心をもっと知りたいと思う事に近いような気がするね。

人によってはゲームかもしれないし、恋愛かもしれないし、スポーツやファッションかもしれない。興味を持ってそれを知りたいということはとても良いこと。

 

でもでも、覚えておいた方がいいことがあって、それは世の中には、それ以上に知る必要のないこともあるってことね。それを知ることであなたの人生がどのように影響されるのかを考えた方がいい。ただの興味で留めるならそれは構わない。

けれどそれに囚われてしまってあなたの大切な人生が振り回されてしまったとしたら?

 

一方では、そんなに考える必要はないんじゃないかなっていうかとも言えるよね。

確かにその通り。もしかしたらその内容が取るに足らない話なのかもしれないからね。

 

まとめるとネタなのか陰謀的な何かなのか見極めようって話ね。

 

皆さんはどう思いますか?

 

それでは今日はこの辺で。

便利な時代に生きるということ。

お久方振りに。

 

皆さんは風邪を引いたりしてませんか?

世の中じゃインフルエンザが大流行しているそうで、そりゃもう一時のユニクロさんバリに流行っているそう。アメリカでは新種のインフルエンザがこれまた大流行で、死者が何百人といるそうです。

踊る大捜査線ザムービーの中で"アメリカで起きた犯罪は五年後日本でも起きる"って台詞がありましたが、その新種のインフルエンザが日本に持ち込まれないことを祈るばかりですね。

 

私ももれなく風邪を引きまして、たぶん熱もあったんでしょうけど、それよりも寒気とくしゃみが止まらなくなってしまってすぐにドラッグストアに走って薬を飲みました。2日くらいは引っ張りましたが、それでも無事に生きております。その時は、社内全体が保菌室だったんじゃないかってくらいみんながみんな風邪を引いてましたから、もう軽く混乱状態でしたね。

皆さんも風邪には気をつけましょう。

 

 

ところで皆さんも持っているスマートフォンについてなのですが、最近はそんなに機能性の高くないミドルレンジっていう機種が目立っていますね。といってもどれもこれもiPhoneにソックリな出で立ちで、個性がないというかなんというか。

私が学生だった頃は、ガラケーの全盛で、それこそいろんな形のものがあったり他にはない機能とかで競っていたようで、私ももれなくそんな機能の恩恵を受けていました。

最近のスマートフォンはそろそろ頭打ちのようで、世界的にAndroidスマホが売れているようなのですが、どれも似たり寄ったり。iPhoneで全画面モデルが出されると各社こぞって追随するという構図が出来上がっているように思います。

例えばの話だけど、これでAppleスマホの製造販売をやめますなんていい始めたらどうなるんでしょうかね?想像すると結構面白い。

 

さて、そんなスマートフォンですが、最近になってアメリカの各機関長官クラスの方々がこぞって中国系のスマートフォンの使用を控えるように言っているのだとか。それはスパイウェアらしきものが入っていて、情報を抜き取られている可能性があるからなのだそう。

そんなことを言っておいて、じゃあアメリカさんは大丈夫なんですか?なんて質問には知らんぷり。いい歳したオジ様がそんな素振りをしても可愛くないのに。

 

国際情勢の中にスマートフォンの機能的な戦略が組み込まれてるなんて、一般人にはよくわからない話ですし、それを大っぴらに言ってしまって大丈夫なのか?とも思いますが、これからやってくるAI時代に、そんな悠長なことは言っていられないわけで。

世界大戦の時から様々なツールにスパイウェアは組み込まれていたわけだから、それを知っていれば今更?的なね。

 

これから体調管理とかも機械が行ってくれる時代がやってくるんだろうし、そうなると私たちのプライベートはどうなるの?って個人的には思います。

スマホに情報を抜き取られているなんてことで騒ぐんじゃなくて、それが如何に私たちの生活を脅かしかねないことなのかを伝えて欲しいものです。

 

例えば、クラウドで仕事を管理しましょうなんて今の時代めずらしいことではなくなりました。でも冷静に考えれば、誰がどこでどんな仕事をしているかを見られているということ。

先の話ではないけれど、それらが実生活に落とされた時、仮病で休むなんてことは出来なくなるわけで、もしかすると隣の家はよく鶏肉を食べるって言っていたけど、ガッツリ牛肉食ってますってなことがバレバレになってしまうのかもしれません。

もしかすると誰々さんにメールに返信するの面倒だから返信しておいてって頼めば、勝手にいい感じで会話をしてくれるかもしれない。

 

便利なのはいいことだけど、アナログに生きていた私には、文通がとても可愛く思えます。

 

みなさんはどう思いますか?

それでは今日はこの辺で。

遅ればせながらご挨拶させていただきます。

あけましておめでとうございます。

皆さんはどんな年末年始を過ごしましたか?

中には見事に仕事三昧な方もいらっしゃったでしょうし、帰省して家族となんて方もいたり、みんなでわちゃわちゃしたり、カップルでなんて方もいらっしゃったりするかと思います。

 

私はと言いますと、年末まで引っ張りまくったプロジェクトの後始末を片付けて、気付けばもう23時!?ってなわけで急いでスーパーに駆け込んでお酒やら何やらを買い込んで、お家でカウントダウンTVを観ながら、"はい。あけおめさん。"って呟いた記憶がございます。

年明けも結局は仕事を休めずに出社して、気付けばもう年もすっかり明けて、街も正月から恵方巻きシーズンに突入したんだなぁっていうのを横目で見ながら、あ!ブログ更新してないじゃん!ってな感じでここまで別の意味でわちゃわちゃしておりました。

 

で、今日は久し振りにお休みを頂いて、家でゆっくりテレビでも観ようかなぁなんて思っていたら、もうどのチャンネルも小室引退!的なことでね。フラッシュ眩しいよってくらいチカチカしちゃって。

これはね。一言で言えば、もうね放っておいてあげようよって思いますわ。今年で還暦になられる方なんですから、ご本人も言ってましたけど、そんな男女の云々なんて気持ちも落ち着いてしまってるんでしょうし、ご家庭も色々あったんでしょうし。それを、さも知っているかのように"どうかと思いますね!"とか声を荒げているコメンテーターを見てるとイラっとしますね。あんたに何が分かるんだ?って。思いません?

もし仮にそんなことがあったんだとしてもさ、放っておいてあげたらいいんじゃないの?まぁ確かにこれまでも色んな方とのお話が持ち上がった方ですから仕方がないって言ったらそれまでなんですけど、一昔前のあのオーラのあった小室さんとは思えないくらいに憔悴しきっちゃって、もうねあんな姿を見せられたら本当にしんどかったんだろうなって思います。

 

でそれが済んだと思ったら、次は相撲のナンタラですって。いやぁ、もうねこっちは去年の暮れぐらいからずっとお相撲さんのお尻ばっかり見させられてるわけですよ。いい加減もうね飽きてるんです。テレビもそんなことしかやることないんかなって思います。

 

ヨーロッパのどっかの国では一日中焚き火を写してる番組があるそうじゃないですか。

そういうのないの?私の子供の頃にやってた生き物地球紀行的な、そういうもっと夢のある番組で埋め尽くしていただきたいものです。

 

とはいっても、そうもいかない大人の事情があるんでしょうから、それは分かるんで、でもさもうちょっとなんかあるんじゃないの?

年末の番組もすっかり格闘と音楽とお笑いでまとまっちゃって。なんだかね。

 

 

そういえば、最近では除夜の鐘も迷惑だからやめろとか言われてるみたいですよ?皆さん知ってました?世も末とはこういう事を言うんでしょうね。

 

 

そんなこんなで結構いろんな事がめちゃめちゃな状態で始まった本年ですが、戌年は守りの年と言われます。と同時に新たに生まれる年とも言われているそうです。今年は何が生まれるのやら。

北朝鮮の新型ミサイルとか言わないでくださいね。

何事も平穏無事に今年の一年を迎えられますように。

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

働き方改革ってこういうこと。

久々に身震いするほど身に覚えのある習慣系ニュースがやってきました。

記事の内容はこちら。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00152592-diamond-bus_all&p=1

 

この内容は、もはや電話やハンコはビジネスの世界では過去のものになりつつあるということ。

私の会社ではどちらも健在で、この記事に言わせれば、きっと時代遅れな会社なのかもしれません。

 

確かに言われてみれば、電話での連絡で解決しないこともありますし、長電話ともなればその時間を取られるわけで、生産性向上とか言っているクセにそんなことをしているのはいかがなものかと納得しました。

またハンコについても結局それがないといけないという決まり事自体が時間を遅らせているのだなぁと痛感しました。

 

私の取引先の会社では、一人に一台ガラケーではなくてスマホを支給しているのだとか。

というのは、現場の写真をその場で撮ってすぐにLINEで報告できるからということ。

仕事用のアカウントを作成してそれでやり取りをするなら、プライベートとは切り離せるのでとても楽ですからね。

 

今の時代はスピード感が重視される。その為には働き方改革が必要だ。なんてセリフを巷では何処でも目にします。

記事の内容にもあるように、経営陣が高齢化してきていて、古い慣習を伝統とか言って重んじるくらいなら、若い世代に切り替えてその伝統を尊重した上で、もっと新しいことを取り入れて、精神論とかじゃなく根底から覆るようなことをしていかないと変わっていかないんだなぁと感じます。

 

精神論を現場に押し付けているようではまだまだ改革なんて先の話なんだろうなと思いますね。

 

みなさんはどう思いますか?

 

それでは今日はこの辺で。

相撲の報道しかしてないテレビってどうなの?

連日のお相撲さん報道からやっと解放されて、ニュースも普通に戻るかと思いきやまだ若干続いているっぽくてちょっとゲンナリしますね。

 

北朝鮮からミサイルが発射されているにも関わらず、各テレビ局のトップニュースは相撲の話題でもちきり。

 

確かに日本の国技であって、それだけ興味のある人はいるんだけど、そんなに毎日毎日やる必要ある?って正直思う。

私は全く興味ないけど、競馬の方がもっと人を集めているし、収益も物凄いことなはず。競馬はスポーツじゃないっていう人がいるけれど、毎年フェス並みの人を集めて、それこそ他とは比較にならないくらいの金額が投じられているんだからそっち優先してもっと盛り上げた方がいいんじゃない?まぁ賭け事だって話は置いておくけれど。

 

正直、喧嘩のお話なんでしょう?

誰がどうしたなんて水掛け論を毎日やる意味があるとは思えない。結局推論にしかなっていないわけだし、でどうなったの?ってとこだけ報道してくれればいいですよ。

 

でたぶん北朝鮮からミサイルが飛んでますよって話は、ほとんどの人が知らないんだと思う。

 

国民の危機管理をもっと煽って、そこから国政はどうなってるんだとかでもっと興味を引かせるべきな気がしますね。

 

ということでテレビの優先順位がちょっとおかしいんじゃない?って思ったことを書いてみました。

 

 

それでは今日はこの辺で。

感謝からはじまる。

今あることが当たり前じゃないということに気付いて、なんだかんだといろいろ感謝をしてみたら、私という人間は本当に支えられて生きているんだなぁということに気付かされます。

 

それを我が物顔で私は一人で生きてきましたからみたいな顔をしていた自分が少し恥ずかしく思います。

 

人と出会い誰かと結ばれること。

それ自体も縁であって、自分の力で何をどうこうしようとしたところで結局は上手くもいかずに終わってしまいます。

意外と肩の力を抜いてみた時にいい話が来たり、ふとした出会いに気付くものですよね。

 

自分でなんとか出来ることと、そう出来ないことがあるということですね。

 

仕事や自分のやりたいこと、与えられた時間。これらは自分のやりようでいくらでもどうにでも出来てしまいます。

人生に関わること。家族の幸せや自分のこれからの運命。これらは少しくらいは軌道修正できるかもしれませんが、大枠では変わらず、気付いた時にはそうなっているなんてことがほとんどです。

 

つまり切り開けるところは自分で切り開いて、難しいところは流れに身を任せてもいいのかもしれないということです。

 

ということでいったい何を書きたいんだって感じですが、今思うことをそのまま言葉にしてみました。

 

 

 

それでは今日はこの辺で。