妄想男子

日々思うことを気ままに。

相手に聞いていると感じさせる方法。超簡単まとめ。

皆さんは誰かの話を聞いている時の自分を知っていますか?

 

そういえば私って人の話を聞いている時によく口が開いてるんだなぁと、ある時にふと思って調べたことがあるので今日はそのことを書いてみます。

 

簡単に言うと、どういった内容の聞く姿勢であれば相手が聞いてもらっていると感じるのかということ。

これってとても大切。

 

ザックリまとめると

相槌を打つ(こまめに)

おうむ返しする

共感する

の3つです。

 

・相槌

相槌ってちゃんとうった方がいいよなんて言われますが、じゃあどのくらいの頻度で打つものなの?

こちらの正解は句読点ごとに打つ。が正解。

ちょっと多いかもって思う人は減らしてみましょうね。

あとは話の流れで相槌を自然に打てるともありますよね?

うなづける話だったり、話が盛り上がってうんうん。となる時など、そういう時には自然に相槌が打てるかと思うのでそのままでOK。

 

・おうむ返しする

おうむ返し?ポケモンの技かなにか?

話の6割の内容をそのまま返してあげるという方法のことで、どんだけ聞く気のない相手の話だったとしてもこれをするだけで相手の話が盛り上がるということがあるそう。

例えば、"この間横浜に行って中華街に行ったんだけど、その時に行った友達が遅刻しちゃってー"とこんな感じの話だった時は"えー!?中華街に行く約束だったのに、友達が遅刻しちゃったのー?"という風に返します。

読んでわかるかと思いますが、相手の話を言い換えているだけなんです。でもこれが不思議なもので、聞いていると相手は錯覚するんです。

 

・共感する

共感するというのは、相手の気持ちに寄せるということです。先ほどの中華街にーの話の場合。相手は行きたかったのに楽しさが半減しているという気持ちが感じ取れます。その部分に共感してあげるのです。

上の返答は共感している風に返していますが、例えば"横浜に行ったんだね"とか"遅刻しちゃったんだ"という感じだと共感している感がありませんよね?大袈裟でもその感じを出しましょう。

 

 

いかがでしたか?

これが聞くという姿勢なのだそうです。

もちろん気心の知れた友人やご家族にはここまでしなくても気持ちが伝わっていると思いますが、大切なクライアントだったり上司だったりには有効な手段かもしれません。

ポケモンではなく人間の使える技ですね。

 

 

玉露に缶コーヒー以上のカフェインがあると知って、緑茶を避けて紅茶に走っている今日この頃でした。

人生の限られた時間の方程式。私がザックリお話しします。これを見れば明日からの生活が変わるかも?

みなさんは人生の中で好きになんでも出来る時間がどれくらいあるのかを知っていますか?

 

私も最近知ったのでですが、その時間は意外と短いのです。

いや、そんなことはないよ。結構たくさんあるじゃないか。そう思われる方は是非これを読んで頂ければ、思っているよりも時間がないんだなということに気づくはずです。

 ではどうやってそれを知るのかということなのですが、計算をしてみると意外とすぐに分かります。

 

人類の平均寿命80年を基礎として考えてみましょう。

生まれてから20歳くらいまでというのは自分で自分の人生をどうにかという風には考えられない人がほとんどだと思いますので、まずはその年数を引きます。残り60年。

 

次に考えるのが仕事の時間です。平均の定年までガッツリ働いたと仮定した場合。21歳から65歳まで1日8時間働いたとして、ザックリ45年の3分の1ですから15年分働く事になります。先ほどの残りから差し引くと残り45年です。

 

次に考えるのが睡眠の時間です。平均の睡眠時間8時間で考えるとして。21歳から80歳までの期間で考えると。ザックリ20年。残り25年です。

 

次に考えるのが食事や通勤通学などの移動時間、朝出掛ける前や夜の就寝前の準備の時間です。これらはザックリ1日の中で4時間くらいだとしましょう。これを80歳まで続けたとしてザックリ10年。残り15年です。

 

それ以外でみなさんは何をしていますか?

例えば家に帰ってからスマホを見てゴロゴロしたり、動画を再生して観ていたら気付くと時間が過ぎていたなんてことありますよね。そういう時間少なく見積もっても1日2時間くらいでしょうか。80歳まではつづけられそうにありませんが、増減の差し引き分も加味して80歳までとして計算してみます。約5年くらいです。残り10年。

 

それからふとしたことでぼーっとしたりしていませんか?積もり積もってそれらが1年くらいあるとしましょう。残り9年。

 

上司に誘われて飲みに行きます。聞きたくない話や愚痴を散々聞かされますよね。そんな時間3時間くらいでしょうか。部下の愚痴も聞かなきゃいけないですよね。そんなことが月に数回あるとかていして、積もり積もって約一年。残り8年。

 

皆さん。残された時間はもうあと8年しかありません。もし皆さんが歳をとってボケてしまったりしたらその8年なんてあっという間になくなってしまいます。

残り0。

そうなりたくないそうしたくないという人は私も含めて皆さん同じと思います。

 

であれば無駄になっている時間を少しでも削って、有効に使える時間を少しでも増やして、人生をよりよくするために使いませんか?

 

 

いかがでしたか?思ったよりも少ないでしょう?私も私にとってより良い人生を送るために人生の限られた時間を有効に活用していきたいと思います。

 

 

朝コーヒーは微糖に限る!と思って買ったのが実はブラックでクソー!って思ったら意外と悪くないなと感じた今日この頃でした。

安室さん引退!自分が休むとしたらどんなことする?妄想

みなさんもすでにニュースで見たと思いますが、安室奈美恵さんが引退されるようですね。

 

私としては悲しいような寂しいような。でもこうやってみなさんに辞めないでと言われている時に辞められるということは安室さんにとってもとてもいいことなんじゃないかなとも思いました。

 

やめるわけではありませんが、アメリカの女優ジェニファー・ローレンスさんも休養に入るということで、理由としてはそろそろ休んでもいいかなって思ったそう。彼女も安室さん同様に働きまくってますからね。

 

という話の流れで私もそろそろ。

なんてことは言えないわけで、世間はそんなに甘くはないですよね。

 

みなさんも想像したことがあるかとは思いますが、お金を気にしないで休めるとしたら何をしますか?という妄想。

私は世界中を旅したいですね。それから会えていない友達との時間を大切にしたいものです。飲み明かしたりとか、明け方まで語り合ったりとか。

 

私の場合、そんな妄想を続けて、それを実現したいと考えて色々と動いていましたが、まぁそんなに上手くはいかないものなのだなと痛感しました。人生は予定通りには行かないものなのです。だから楽しいんじゃないかという人もいますけどね。

こうしたいとマストで考えるのではなくて、こうなったらいいなぁくらいで考えておくと方向転換もしやすいんじゃないかなと思いました。

 

これからどんなことが起こるのかは分かりませんが、何に対しても楽しくという感じでいきたいと思ってます。

 

 

期間限定?の午後の紅茶リフレッシングシリーズにどハマりしているここ最近。今日も今日とてピーチ味で癒されております。

皆様も是非!

平成が終わる?次の年号はもちろん未定な件について

平成という元号になってから29年。

2019年の1月か4月にその元号が変わる可能性があるそう。

これは天皇が退位されるからなのだけど、その意向が法律関係で難しかったそうですが、通ってよかったなと感じます。

 

私にも未だに現役で働くお爺ちゃんがいて、周囲の反対も聞かず自分で車を運転して仕事に行っています。ちなみに90を軽く超えてます。

 

でなんでこんな話をするのかというと、ほとんどの方が同じなのですが平成という元号は、自分が物心つく頃に付いて一番の働き盛りの今頃に終了するわけですからなんだか少し寂しい気もするわけなのです。

 

今から少し気が早いかもしれませんが、しばらく先に”激動の平成”みたいな特集がNHKとかで組まれそうだなぁと思ったりもしてます。

 

それは確かに間違いではなくて、経済的にというよりも物質。とくにITの発展が目覚ましい時代でしたよね。

様々な心の悩み。それらによって犯される犯罪。自殺。心の問題も一時代を通して騒がれたことでした。これはこれからも続きそうですが。

 

1つの時代が終わりを告げる。

なんだか重苦しい感じではありますが、ポジティブに考えると新しい時代がやってくるということですからね。

私たちがその時代を作っていくことになる可能性は十分にありますよね。

となんだか上目線な事ばかり書きましたが、それも再来年の話ですからね。

 

 

というわけで時代の話をさせていただきました。

今日はこの辺で。

人の悪口ばかりを言っている人に対する対処方法。私はこうやってかわします。

みなさんは誰かのことが気に障ったり、煩わしいと思うことはありますか?

 

今日も今日とて誰かが誰かの悪口を言っています。あの人はどうだ、この人はこうだ。

お陰で仕事も進まず、色々なところに迷惑がかかってしまう。そのくせ休憩だけはしっかり行くのだからなんだかな。そう思いませんか?

 

私の周りにももれなくそういう方々はいて、どこがどうだの誰が何を出来てないだのと話しています。いやね、別にいいんですよちゃんと仕事をしてくれてさえすればね。だけど出来てないでしょう?それどうなの?って思うんです。

 

私がいつもそういう方にお話している内容は2つです。

1つは、その悪口を話している。陰口を言っている間にどれだけの時間が過ぎますか?もうね、そういう風に思うなら思うだけにして、あなたがそれだけの力をつけてその人の分までやってしまえばいい。そのくらい時間がありますよ。

それからそれだけ話している分の体力が無駄だとは思いませんか?その人のことが嫌いなのでしょう?だったら嫌いな人にそれだけの体力を使うのすら勿体無いとは思いませんか?

その人に使ってしまうくらいなら、もっと自分の好きなことにその体力を使うように専念した方がいいと思いますよ。

 

もう1つは、どうしてそんなに人の悪いところを見ようとするんですか?その人にもその人なりの良いところがあると思いますよ。あまりにその人の悪いところがクローズアップされて他のことが見えないというなら、自分にも似たようなところがないか確かめてみてください。あなたにはそんな風に思われそうな部分は全くないと言えますか?

もしそれが自分の部下にあたる人であるとしたら、それは直した方がいいと伝えるべきでしょう。もしそれがあなたの上司にあたる人であるとしたらその上の人に伝えて教えてもらうように計らうべきではないですか?

 

 私も人間です。人の悪いところを言いたくなる時だってあります。そうなった時に、周りにもその負のオーラを広げないように工夫しないといけないですよね。

時には愚痴も聞いてあげないといけませんが、そればかりになってしまわないようにしないといけませんよね。

 

 

というわけで、人のことをああだこうだと言っている人に対する対処方法を私なりに書いてみました。いかがでしたか?

毎日を少しでもハッピーに生きられるように。

 

それでは今日はこの辺で。

力関係とかを気にしますか?相談相手をうまく選ぶ方法はこれがいい。

みなさんは自分のテリトリーがどう言ったものか知っていますか?

 

私は少し前に相関図みたいなのを頭で描いてみたことがありますが、結構面白いです。

要は誰と誰がどうなっていてみたいな感じです。自分の知る限りで考えてみてください。

その内容に仕事であればパワーバランスを付け加えてみると、更に面白いです。

 

これを知っていると何がいいかというと、どういった内容の話を誰に話すべきかということに繋がる気がします。

というのは、例えば同僚で同じテリトリーにいる人に自分の仕事の悩みを相談しても建設的な話にはならない気がするんです。だいたいが悪口とかね。

そういう時には、以外と全然テリトリーにいない自分の親とか遠い場所の上司とかに相談してみると結構前向きな意見を貰えたりします。仕事上のライバルとかでも面白いですね。

 

例えばこれが恋愛の話とか出会った場合には、上司や親であると気が引けてしまったり、そんな話を出来るほど親密でなかったりします。以外と異性の同僚とかに相談すると自分でも気付かなかった部分にツッコミを入れてくれたりする場合もあります。

 

こんな感じで、どんな話をするかというのを考えてみると面白いですよ。

みなさんもやってみてください。

 

 

台風一過で超天気がいいので今日はお出掛けと言いたいところなのですが、お家でのんびりしている今日この頃でした。

台風の前ってなんだか居心地が悪い件について

嵐の前の静けさという言葉は、これまで多くの人が使用し、どこかの小説の一文や、いつかの曲の一節になっています。

 

今がまさにそれ。

暴風域を抜けて本体がやってくるまでの少しの間、曇りは変わらずともその静けさがやってくる。

暗く、風も止んで、雨も小雨程度。若しくは降っていない。辺りは静まり返り、これからくる嵐を呼んでいるかのよう。

 

ただでさえ慌ただしいのに、それを予兆させるかのような静けさ。

仕事や毎日の生活だって、今まで平穏無事であった時なんてない。

いつも波があって、その波に翻弄されながらやってきた。

だからこれから嵐が来るという前の静けさだけはどうにも居心地が悪い。

 

さて、それは置いておいて。

急な気温の変化がありますから。暖かい格好で出かけましょうね。

ってか台風来てるからそれは無理ですかね。

 

 

短いですが今日はこの辺で。