読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

これが袋小路?追い込まれたネズミがどのように迷路を脱出するのか。私はそのネズミな件について

本日になっても未だに退職について悩んでおります。

どうもみなさまこんにちは。

 

退職のタイミングってなんだろうかね。私にとってはなんなのかもう分からなくなってきたのですが、仕事に追われ過ぎてまともに自分の仕事が回っていない状態なのであれば退職するべきなのでは?というコラムをどこかのサイトにて拝見したので、その考えだけが今の私の最後の砦となっています。

 

退職して次があるのかと聞かれれば、正直ありません。現在進行形で潰しの効かない仕事をしているので、次の仕事で何が活かせられるかと聞かれれば、私にもわからないというのが正直なところ。ただ人付合いだけは誰にも負けない自信があるので、そこだけは自信を持って協調性抜群ですって言えるのかもしれないですね。

 

今の会社に私が残ることでのメリットやデメリットを考え始めると辞めるに辞めれなくなるような気がするのでそれは置いておくことにしてます。

 

おそらく上司には二つの質問をされるかと思います。どうして辞めたいのかということと次をどうするのかということ。辞めたい理由は上記に書いた通りなのですが、次を決めておかなければ、じゃあもう少しいたら?なんてことになりかねないので、その部分を固めておきたい今日この頃なのです。

 

転職サイトを3つも4つもハシゴして、見つけられた企業は数社。はて私に何が出来るのだろう?

ここでいつもの元最強上司の言葉が頭をよぎります。何が出来るかじゃなくて何をしたいかじゃないのかと。えぇ確かにその通りなのです。そこなんです。私自身何かしたいことがあるわけじゃないというのが問題なんですよね。

 

私の願望としては、結婚しても働き続けられる職場にいることなのですが、その希望がとおりそうというので今の会社を選んだはずなのに、どうやらそうもいかなさそうというのが本音なところなのです。福利厚生がしっかりしていないというわけじゃないんですよ?でも暗黙の了解でそんなことが許されると思ってるのか的な圧力がねひしひしと感じられるんです。

 

だから私ここにいて大丈夫なのかなって。将来がとても心配です。

 

もうひとつ難点なのが最近になってやっと私のやっていることが認められ始めたということなんですよね。このタイミングで?みたいな。いやぁ人が辞めようかなって本気で考え始めた時になんでこうもタイミング良く物事が回り始めるんだろうかな。

 

なのでね。運命は私を辞めないようにしているのか。若しくは抗うことが運命なのか。そこが分からなくて地団太を踏んでいるような状態なのです。

 

自分でも何を言っているのか分からなくなってきたのですが、とにかく私悩んでいます。

どの会社にいっても安泰なんてものはない。そんなことは分かっています。

どの会社に行ってもやることはそう変わらない。それも分かっています。

どの会社に行ってもまた1から始めなければいけない。それも分かっています。

でもね私もいい年ですし、そろそろ本気で自分の人生を考えなきゃなって思うんです。

 

どうしたものかな。

なんだか喉も乾かなくて、それでも休憩だからとりあえずのコーヒーを買って一服している今日この頃です。