読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

メンズでもマウンティングあるの?について考察してみるの巻

マウンティングっていう言葉が随分前に流れてたじゃない?

 

女子の間だとまぁ日常会話っていうか。

 

うん、だから?って感じの人もいたと思うのね。

 

あれが男性だとどうなるんだろうねって思ったの。

 

草食系とかそっち系とかいろんな人がいる中で

 

俺は男やで!みたな方って少なくなったとかいわれてるんだけど

 

そんなことはなくて

 

やっぱり男らしい人っているなって。

 

逆に男らしくないなって思ったり

 

今日はそんな人たちの違いが少しだけ分かった気がするから書いてみるね。

 

 

男らしい人って私のイメージだと言いたいことはちゃんと言う感じあるんだよね。

 

それが上司とか部下とか年上とか年下とか関係なく

 

正しいことは正しい。

 

間違っていることは違いますって言える

 

それって良いことなんだと思うんだよね。

 

なかなか言えることじゃないしね。

 

だって想像して?会議とかちゃんとした場所で面と向かって

 

いやそれ違うんじゃないですか?みたいな突っ込みをして

 

その後に問われる理由をちゃんと答えられる。

 

それはきっと自分ってものがしっかりあって

 

自分の中にはっきりとした答えがあるからだと思うんだよね。

 

私は確かに言おうと思えばいえる時もあるけれど

 

でも自分に自信がなかったりすると言えない時もあるしね。

 

気の弱い男性にはそんなところがあるのかなって。

 

だから小さなところでマウンティングして自分実は凄いんですみたいな

 

そんなアピールをしてるのを見たり聞いたりする。

 

でもそれって自分の得意なこととかでなくてもチャンスがあったら

 

自分をアピールして誇示したいだけのような気がして嫌な気分になる。

 

だってあとで同じような質問しても答えられないことが多いからね。

 

だから違いとしては

 

自分の答えを持っているか持っていないかなんだろうね。

 

そもそもちゃんと意見できる人はそんな遠回りなことしないしね。

 

私的にはそういう男らしい人に任せてみたいなって思うね。

 

うじうじしてるような男より胸張って堂々としてる方がいいでしょう?

 

だからそういう小さな陣取り合戦をしてるような男には興味がないね。

 

あなたの場所はそんなにちいさいの?っていいたくなるもんね。

 

ということで今日も男を探しに行ってきます。

 

と飲み会前にカフェで小さな気合いを入れてみる今日この頃でした。