読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

後輩の頭を解剖してみてやりたいと思った件について

「先輩は何で彼氏作らないんですか?」

 

朝っぱらから私の可愛い後輩ちゃんがマウンティングなんてすっ飛ばして質問してきた。天然なのか私を馬鹿にしてるのか。でもその無邪気な瞳には私をコケにしようって魂胆が丸見えですよ。

 

私の妄想ではもうすでに7回は”ひでぶー”状態なわけで。お前はすでに死んでいるってセリフを言うのも面倒なので札に書いてそのチャーミングな顔面に張り付けてやりたい。マジで。

自然な感じで毒吐くのやめません?

いや別に良いのよ。私だって好きでこんな私になったわけじゃないし。あなただってどこで道踏み外したんだか覚えてないでしょうから。

 

でもさ今現在、私のパーソナルスペースのど真ん中でそんなことを吠えるのはあなたぐらいのものですよ。ポジティブ?天然?策士なのか?

まあどっちにしてもその質問には答えられないし、間違っても今自分磨き中なんて答えたら、それこそ逃げてると思われる。そんな風に思われるのも癪なので

「できないんだよね。」

と答えておく。するとどうだ?だよねの”よ”ぐらいで食い気味に

「先輩魅力的なのにー」とかましてくる。

副音声で「私の方が魅力的だから」と聞こえたのは気のせいか?

もうこうなると天然が選択肢から消えて、ただの嫌がらせをしたいだけの奴になる。

この子の頭はどうにかなってるの?仮にも先輩ですよ?年上ですよ。

 

頭をかち割ってやろうかという気持ちをどうにか抑えて、にこやかにその場を退席させていただきました。

顔引きつってただろうな。でもさそんなこといえる精神状態じゃないしね。

「感じわるー」って後ろから聞こえた時は、ゴミ箱放り投げてやろうかと思ったよ。

 

そこでふと思う。もしかしたら本当は頭の切れる子なのかもしれないと。だからあれだけの返しが出来て相手を嫌だと思わせられる。

だとすれば、その能力を他に使えばもっといろんなことが上向きになりはしないかなと。もしかしたらそれに気付いてないだけだとしたら、それはそれでもったいない気もするね。

 

さておき落ち着きを取り戻すためにコーヒーを飲んでいる今日この頃です。