読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

格安SIMってなんですか?を調べてみました。

今日は、最近気になっているものについて書いてみようと思います。

それは格安SIMサービス。

みなさんは知っていますか?

少し前くらいから脚光を浴びている新しい携帯通信サービスの一つ。

最近テレビなどでも色々な会社がCMを行っていますね。

巷では携帯代金が断然お得になるなんて言葉をよく見ます。

私も携帯代が最近高いなと思っていたので少し調べてみました。

 

実は私の昔からの友だちが格安SIMというサービスを

その名前が知られる前から使っていました。

その友人からは再三お勧めをされていたのです。

その時は、確か出始めで毎月600円と言うものだったと思います。

今もそのサービスがあるのかはわかりませんが

私自身携帯をかなり使う方で、速度が少しでも遅くなるとすぐイラっとする方なので

その友人から格安SIMという名前を聞いた時には

正直、本当に大丈夫なのか?

何か良くない事が起きるのではないかと信じられずにいました。

最近では、私の周りでも使い始める人が増え

その安さと快適さに満足しているようです。

それもあって今回格安SIMを使ってみようかと考えたのです。

 

私がはじめに格安SIMについて調べようと思ったことは

どうしてそんなに安いのかということです。

皆さんも不思議に思いませんか?

大手の通信会社(ドコモ、auソフトバンク)の電波を使っているにもかかわらず

毎月の使用料が三分の一程度で済んでしまう。

そんなことってあるの?何か裏があるんじゃないの?と。

 

というわけで私が調べた内容を書いてみようと思います。

格安SIMが安い理由は色々あるみたいなのですが

大きく分けて二つポイントがあるみたいです。

一つ目は人件費などが大手通信会社に比べて少ないということ。

格安SIMサービスを展開する会社のほとんどが

大手通信会社に見られる携帯ショップを持っていません。

契約や申し込み、問い合わせなどのほぼ全てをネット上で行っています。

その為、そのような契約や申し込みに携わる人たちにかかる

人件費を大幅に削減できているということが挙げられます。

それでも、最近では申し込み加入数が増えたため、実店舗を設けて

契約登録を行い始めています。

イオンやビックカメラ、ゲオなどが有名ですね。

だからと言って使用料が高くなるというわけではなさそうです。

その理由がポイントの二つ目。

通信設備投資を必要としないということ。

どういうこと?となりそうですが

通常、大手の通信会社では大きな電波塔などを設置し、

都度メンテナンス等を行って多くの人によりよい通信サービスを提供しています。

その費用等を使用者が支払う毎月の携帯代から捻出しています。

そのためどうしても携帯代が高くなってしまいます。

しかし各格安SIMサービス会社では、

大手通信事業者の一部通信電波を借り受けて

サービスを提供しています。

そのため、使用料を安く提供できているのです。

最近のニュースでは大手通信事業者が

その貸出料を上げるという報道が一部でありました。

それでも格安SIMサービスの使用料が上がるということは当面ないそうです。

というのは、それを補うほどに加入者数が急増しているからだそうです。

 

次に私が注目したのはその料金体系です。

私が調べた内容では全ての格安SIMサービスでドコモで代表される

カケホーダイのようなどれだけ電話をしても無料というような

サービスはありません。

ほとんどの格安SIMサービスで提供されているのは

電話が出来るという基本料とセットとなる通信料だけです。

通話をするとかけた分だけ請求されます。

最近では5分以内なら無料になるサービスも始まっているようですが

私は、個人的に電話を良くかける方なのでカケホーダイのような

定額の基本サービスがないと携帯代金が高くついてしまいます。

これは私にとってとても大きなデメリットです。

 

そこで、私は格安SIMを使用している人がどんな風に使っているのか

という事を調べてみました。

すると、使用する人が二つに分かれるということが分かりました。

一つ目は、格安SIM一本で契約するタイプ。

この使い方をする人は、ほとんどの場合あまり通話をしないという人です。

最近の若い人はLINEを使って電話をしたりするので

通話が必要ないという人も多いみたいですね。

データ量も好きな量を選べたりするみたいなので嬉しいですね。

二つ目の使い方は、二台持ちをするタイプ。

おそらく私はこのタイプだと思います。

通話がかなり多いため

格安SIMサービスにすると携帯代金が高額となる恐れがあります。

その回避方法となるのが二台持ちなのです。

大手通信会社でガラケーなどを契約し

契約内容をカケホーダイのみにします。

これで通話はどれだけでも出来ます。

データ通信を契約しないのでガラケーでのメールやネットの使用はできません。

その部分を、格安SIMでネット通信だけの契約が可能なのでそれを契約します。

メールが出来なくて不便ではないのかという疑問もありますが

現在ではLINEでの連絡が当たり前になっていますし

通話機能だけのガラケーでも電話番号のみでメッセージ交換をすることが可能なため

そこまで困ることはなさそうです。

 

これを概算で計算してみると

ガラケーの使用料は毎月カケホーダイのみで2200円。

スマホの使用料は3GB使用するとして約1000円。

合わせても3200円ほどです。

ガラケーを新しく購入して分割にしたとしても微々たるものでしょう。

私の場合、今の携帯代金の約三分の一になってしまいます。

これすごくビックリじゃないですか?

一昔前に二台持ちなんてしたら恐ろしいことになっていましたよ。

 

でもここで冷静に注意しなければいけないことがあります。

それは携帯本体を自分で用意しないといけないということ。

格安SIMサービスのほとんどはそのサービスだけを提供しているため

ほとんどの場合携帯端末を自分で用意しないといけません。

楽天さんやUQモバイルさんなどではスマホとの

セット販売を行っているようなのですが

私はiPhoneをずっと使用しているため

アンドロイドスマホに変える気がありません。

そうなると端末を探さなければいけません。

さらに、今iPhone一本で生活しているため

ガラケーというものを持っているわけもなく

こちらも探さなくてはいけません。

 

大手の携帯会社では本体だけでは販売を行っていないので

携帯本体を入手するためには、ネットで新品を購入するか

中古を探すか、知人から貰い受けるかしかありません。

 

中古?と疑いたくもなりますが

最近では新古品なるものがあるそうで

なんだか携帯が車のような扱いを受けていることに驚きましたが

ほとんど使用しておらず、

場合によっては箱すらも未開封な

ものまであるそうです。

新古品を販売している所がいくつかあります。

一つはネットですね。

ヤフオク楽天さんでも新古品が出品されています。

中には実際に物をみて購入したいという人もいると思います。

最近では、レンタルビデオで有名なゲオさんで新古品を含めた中古端末を

扱っているようです。

 

さて、私が現段階で気になっている格安SIM会社ですが

私はUQモバイルさんに興味があります。

こちらの会社はauの電波を使用しているそうで、専門雑誌が

行った調査では一日を通して通信の速度に遅れがなかったそうです。

普通は夕方頃に一斉に使用者が増えるので遅くなったり

するそうなのですが、ほぼ変わらないというのはすごいですね。

加入者数も最近では急増中とのことで気になっています。

なにより私の好きな多部さんがイメージキャラに選ばれているので

気になっているということもあります。

 

実際に契約するためには私の契約期間の問題もあるので

先の話になりそうですが、今からもっと調べて行こうと思います。

実際に使い始めたらその使用感なんかをお知らせできればと思っています。

 

今、格安SIMにしようかどうか迷っている人は

私を含めて沢山いると思います。

少し昔に比べて格安SIMのサービスも揃い始めているそうです。

みなさんも自分の使い方に合った会社を見つけて契約するといいと思います。

私の周りで使っている人に聞くと、普通(大手の)の携帯と何も変わらない

とのことです。

今使っている携帯と違うところがないのに携帯代が安くなるなんて嬉しいですよね。

私は前向きに検討してみようと思います。

 

 よかったら参考にしてみてください。