読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

朝からショックで立ち直れません。

今日の朝起きたらショックなことが!

それはお気に入りのカーディガンに穴が空いていたこと!

しかも脇の部分に大きく。

これ手を挙げた丸見えじゃないですかと。

何でこんなところに?

穴を観察したけど、明らかに虫が食ったような

綺麗な丸い穴が空いてるわけですよ。

心配なのはいつから?ということ。

よく棚の上のものを取ろうと手を挙げます。

疲れが溜まって両手を挙げて伸びをしています。

これバレてるんじゃない?と。

もうその恥ずかしさといったら尋常じゃないですよ。

もちろんそのカーディガン捨てましたけど

いつから?

マジでいつから?

これたぶん昨日今日の話じゃないと思うわけで

問題なのは何でそれに私気付かなかった?

ということなわけです。

私そんな服を着たまま会社に行っていたわけでしょ?

これ見よがしに見せびらかせていたわけでしょう?

それも堂々と。

えぇ私脇に穴開けてますよ的な。

これぞ私流最新ファッションですよ的な。

 

あぁ穴があったら入りたい。

むしろ私が穴を掘ってもいい。

墓穴という穴は掘ったけど

その穴にはもう入りたくない。

出来ればひっそりと別の穴で暮らしたい。

これもう引き篭もりもんですよ。

 

ってなわけで、朝からわーきゃー言って

部屋中を歩き回って

早々に支度をしてデパートでカーディガンだけ買いましたよ。

その場でカーディガン着て、速攻で会社に出社。

あえて違う色を選びましたよ。

前はエメラルドグリーンだったので

綺麗な薄いピンク色。

そりゃあもう周りの目が気になりましたよ。

誰かが影で何か言ってるんじゃないかってね。

こいつ気づいたな的な。

いやぁもうやめて、お願いだから。

お昼ご飯も味がしませんよ。

砂でも食ってるんじゃないかレベルで

それでふと思った。

いつも来ているこのカフェのイケメン兄さんにもバレていたんじゃないかと。

この方が私に微笑んでいたのは

こいつ脇に穴空いてるの気づいてないよ。

の笑みだったのではないかと。

考えれば考えるほど居ても立っても居られません。

 

そんなわけで

今日は一日、大人しくしておこうと思います。