読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

私的におすすめ!最強の親父映画5本

本日も皆さんへ個人的にお勧めしたい映画を紹介します。

第二弾の今日は私が好きな最強親父特集です。

こんなパパがいたら絶対に守ってくれるはず。

そんな色んな意味で最強の親父達をご紹介します。

 

・ブライアン・ミルズ(96時間)

 一人目は96時間シリーズに登場するブライアン・ミルズ

 

どこにでもいる普通の親父が愛する妻と娘の為ならば、恐喝や拷問は朝飯前。殴って、叩いて、撃ってがつがつ敵をなぎ倒す無双モードはむしろ爽快です。

シリーズを通して共通していることは、無用な説明をほとんど省いて、如何にして家族の元へと最短で行くかというブライアン視点で描かれているという点でしょう。

敵であるとものすごく厄介なのでしょうが、味方にするとこれほどに頼りがいのあるパパは他にいません。

 

「96時間」

元CIA工作員のブライアン・ミルズは誘拐された娘を救うため単身敵地に乗り込む。

96時間は誘拐事件の救出可能なタイムリミット。

 

 

 ・ハリー・タスカー(トゥルーライズ

二人目はトゥルーライズに登場するハリー・タスカー 

 

ハリー・タスカーが他の親父と違う点は、家庭内で父親として、夫としての働きがほとんどできていない世でいうダメ親父。なのに仕事をさせると誰よりも頭を働かせ、必要とあらば筋肉だけでなく戦闘機まで飛ばして敵に立ち向かいます。

これを観た家族は、きっとお父さんが頑張って仕事をする姿を見ると惚れ直しちゃうんだろうな。なんて素直に思わせてくれる本当に家族想いなパパです。

 

トゥルーライズ

政府の最高機密組織に属する諜報員ハリー・タスカーが、分裂しつつある家庭と核武装したテロリストに立ち向かうアクションコメディ。

 

 

 ・トーマス・クレイブン(復讐捜査線

復讐捜査線 [DVD]

復讐捜査線 [DVD]

 

 三人目は復讐捜査線に登場するトーマス・クレイブン

 

子どもの頃にお父さんを怒らせると怖いわよなんてお母さんに言われたっけ。

怒らせると怖いブライアン・ミルズと違って、別の意味で怒らせなかったらよかったと後悔するレベルの最強親父がここに登場です。

亡き娘を思い出し、娘の為に自分がしてやれることとして淡々と復讐をこなしていきます。この作品を観るあなたは、そこに静かに燃える父親としての怒りを感じることでしょう。

 

復讐捜査線

ボストン警察のベテラン刑事が娘を殺され、娘の捜査から外され、たった一人で事件を捜査していくことになるサスペンススリラー。

 

 

ジョン・マクレーン(ダイハード)

四人目はダイハードシリーズに登場するジョン・マクレーン

 

恐らくは映画史上最もついてない親父と言っても過言ではないでしょう。

テロ事件が起こる度に、何故かいつもその場にいて巻き込まれてしまうまさについてない親父。このシリーズで毎度お馴染なのがジョン独特の「ぼやき」ですね。銃撃に襲われ、爆発に巻き込まれてもしぶとく生き残り、愚痴をこぼしながらも決して諦めることなく徐々に敵を追い詰めていきます。

こんな不死身のパパもいいけれど、出かける度にテロに巻き込まれていたら命が幾つあっても足らないよね。

 

「ダイハード」

世界一不運な男が、様々な事件に巻き込まれ、ボロボロになりながらもしぶとさと知恵を武器に乗り越えていくアクション映画。

 

 

・ジェームズ・マーシャル(エアフォース・ワン

エアフォース・ワン [Blu-ray]

エアフォース・ワン [Blu-ray]

 

 五人目はエアフォース・ワンに登場するジェームズ・マーシャル

 

題名からも分かる通りこのお父さんは大統領なんです。といっても中身は普通のパパと変わりありません。それでも従軍経験があって勲章ももらっているんだから強くないはずがありません。乗っ取られた旅客機の中、たった一人で武装集団へと果敢に立ち向かいます。父親として一国の大統領として、愛する家族と仲間を守っていく姿は格好いいの一言。

 

「エア・フォースワン」

大統領旅客機でまさかのハイジャックが発生。絶体絶命の状態の中で大統領であるジェームズ・マーシャルは、孤立無援の戦いに挑むことになる。

 

 

 

いかがでしたか。

きっと、あなたの周りにはいない親父ばかりですよね。

興味のある方は作品をご覧になってみてください。

それでは、次回も是非お楽しみに。