読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

急すぎやしませんか??

今日は喫煙所で一人の叔父様が

すんごい大きな目をして

これ○麻かい?って話しかけてきた。

 

おーい!

そんなわきゃねーだろ!

 

あっ

ちなみに私はアイコスを吸っているんだけど

どうやらその叔父様その装置を見たことがなかったらしく

違いますよーやだなぁ

って否定したら

すんごい物珍しそうに見てた。

 

別に私になんて興味はないと思うんだ。

叔父様アイコスにご執心なのだから。

だけどあんなけ熱心に見つめられたことないから少しドキッとしちゃった。

ってかその叔父様距離がすんごい近いのね。

そこ私のほっぺたですよ

くらいの距離で

ほーこれがアイコスけ。

って感心してた。

叔父様も買えばいいじゃんって言ったら

おらタバコ吸わねぇから

ワシの冗談につきあってくれてありがとう

ってガハガハ笑いながら帰っていったよ。

 

実は話したかっただけだったのかも。

なんとも愉快な叔父様でした。

 

 

話は変わるけど昨日は夜の9時に営業が来たよ。

なんでも近くでモデルルーム開いてるんで観に来ませんか?だそうな。

いやいや考えろや!

 

ちょうど私はご飯食べてウトウトしてた時だったの。

危うくそのまま寝落ちするところだったから

まぁ目覚ましにはちょうど良かったんだけど

 

お若いですね。

おいくつですか?

とか聞かれたから

あはははーって笑いながら

ドア閉めてやったさ。

 

常識を考えろやー。

ってか私家に一人だよ!?

田舎ってのもあるけど

そんなんで開けちゃった私も私だけどさ

不用心過ぎたかもしれないけどさ

こんな時間に普通来るかね。

もっそい何も考えてない感じの人だったけど

頭イカれてたんかな?

 

叔父様といいお兄さんといい

急に来るのやめて!

どちらも違う意味で驚いたよ。

 

皆さんも見知らぬ人に話しかける時は

少しは気を遣いましょうね。

まぁこれを読んでる皆様なら普通に分かるとは思いますけどね。

それから急な訪問者にも気をつけましょね。