読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

とりとめもないことですが。

世の中にはいろんな人がいるね。

基、いろんなフェチの持ち主がいるね。

というお話。

 

私の周りにはいろんなフェチの持ち主がいる。

踝が好きだという人。

匂いが好きだという人。

背中が好きだという人。

皆さんはどんなフェチをお持ちだろうか?

ちなみに私はお尻フェチ。

プリッと持ち上がったお尻をみると

いてもたってもいられなくなる。

 

ちなみに私の周りにはこれ以外にも

男性の血管が好きだという人や

声が好きだという人もいる。

 

血管が好きというのは実に理解しがたい。

逞ましい筋肉が好きだという方が

まだ健康的な気がするのだが。

その人は、人の手の上に走る血管を

ぷにぷにするのがたまらないのだとか。

 

そもそもフェチとはフェティシズムといい。

物や人のある部分に性的な魅惑を感じる

精神医学的にはとても重要な事項なのだ。

このフェティシズムが強い人になると

女性のパンツを集めまくるのがそれに当たる。

が一般的には性的な趣味嗜好として捉えられている。

 

それにしてもいろんな人がいるものだよね。

流石に私のパンツをどうぞとはならないけど。

まぁそれで喜べるのなら平和なのかなぁと。

 

血管が好きな人だって、ずーっと血管ぷにぷにしてるだけで嬉しいわけだしね。

まぁ私には分からないが。

といいつつお尻のことになると私はうるさい。

あの適度に筋肉のついたお尻。

はぁ堪らん。

 

あまりこんなことを書きすぎるとエログの類に間違えられそうなのでこのくらいにしておこうかな。