読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想男子

日々思うことを気ままに。

星に願いを

人の悩みは尽きることが無いよね。

 

あなたも経験したことはない?

負の連鎖。

 

 

あれってすごく辛い。

 

考えても考えても

答えが見つからなくて

結局初めの問題にぶち当たる。

また考え始めるんだけど

違う道を通っても

結局、辿りつく壁はまた同じ。

 

頭を掻きむしって

枕に顔を埋めて叫んでみても

何も解決しない。

 

楽しい音楽を聞いて

明るい外を散歩して

どんなに素晴らしい映画を見ても

知らない間にまた考えて

涙が止まらなくなる。

 

そんな経験ない?

 

 

私はこれまでどれだけそんな状態に陥ったことか。

 

 

でもね。

最近あることを知って

心の底から納得できたから

これを読んでいるあなたにも

是非、知ってもらいたい。

 

まず、あなたの思い付いた解決方法や

こうすればよくなるのではないかという修正案は

間違いじゃないということを知っておいてほしい。

 

思い出してみて?

 

こう出来ればいいのにとか

こうすればもっとこうなるのにとか

思い付いてもそれが何でか腑に落ちなくて

問題を解決するとは思えない時ない?

 

逆に、問題を解決する方法を知っているのに

何故だか尻込みしてしまっている自分がいて

周囲の目を気にしてしまって

決定打を打てずにいることってない?

 

どうしてか

それは、問題という点と解決という点

誰かの考えという点とあなたの気持ちという点

っていう点(ポイント)しか持っていなくて

 

それらを繋げる理由という線や

証拠という線や根拠という線

っていう線(ライン)を持っていないから

ということ。

 

つまり、あなたは不安定な点と点の間を飛び回っているだけで

それらを繋げて輪(リング)にすることが出来ていない

だから心を落ち着かせることができずに

浮遊する点の上で彷徨うことになってしまう。

 

 

あなたは点(ポイント)をいくらでも集めることが出来る。

集めるというよりも集まってくるといった方がいいのかも。

それは、いつか見たテレビの言葉かもしれない。

何かで読んだ本や雑誌の言葉かもしれない。

誰かが実践した結果を聞いたのかもしれない。

それらは情報としてあなたの中に蓄えられて

ふとした時に点として浮かび上がってくる。

 

 

線(ライン)は感情であったり

理由であったり、動機であったりするから

そのことを経験しないと得ることが難しい。

 

あなたの中に無いものだから生み出すことができなかったり

もしあったとしても気付かない場合が多いわけ。

 

 

 

じゃあどうすればいい?

どうすればその線(ライン)を見つけることが出来るのか?

 

 

これは本やネットでも見つけることは出来ない。

なぜならあなたの思いもよらないことが線(ライン)になるから

もし偶然見つけたとしても気付かない可能性が大きい。

 

あなたの周りにいる人たちはあなたとは違った経験や体験を通して

あなたが持つことのない線(ライン)をたくさん持っていることが多い。

そう、それを聞くことが一番の近道になるんだよね。

 

それは何気ない一言かもしれない。

それは痛烈な批判の中にあるかもしれない。

でもその言葉の中に必ず線(ライン)は用意されている。

あとはあなたがアンテナを張ってそれを捕まえるだけ。

 

 

そのためには必要なことがある。

それはとても難しいこと。

辛い状態にある時には特に。

だけど歯を食いしばってでもやってみて。

 

それは話している人の言葉を全て肯定的に受け入れるということ。

人は辛い状態にある時は特に否定的になりがち。

だから無理にとは言えない。

だけど、嘘だと思って肯定的に話を聞いてほしい。

 

そうしている時

あなたの心の中で輪が出来て

心が落ち着くことを感じられるはずだから。

それこそ、すごく自然な形で

「あっ!そういうことか!」

ってなるから。

 

この話を逆に考えれば

あなたの中にも線(ライン)があるということになる。

それは考え方かもしれないし

これまでの経験や体験かもしれない

それらがすべて悩む人を助けることに繋がる。

 

だからもしあなたの周りで悩んでいる人がいたら

その悩みを否定するのではなくて

一旦は包み込んで話を聞いてあげてほしい。

そうしてあなたの思うことを相手を否定しない形で伝えてあげてほしい

そうすればあなたの中の輪とその人の中の輪が繋がって

より強い繋がりを持てるようになるから。

 

あなたの悩みが少しでも解決することを願って。